カクテルアナリストの難易度と受験資格を解説!テキストで独学できない?


スポンサーリンク

カクテルについての知識を認定する資格「カクテルアナリスト」の難易度と受験資格、テキストと独学について解説します。

カクテルアナリストとは
カクテルをはじめ、ワイン、ビール、ウィスキー、ブランデー、リキュールなどの洋酒に関する専門的な知識、カクテルを作るための配合からシェイクなどの専門技術を備えていることを証明するものです。
バー関係のお仕事の方はもちろん、飲食業界、お酒好きの方のプラスαの知識としても推奨している資格です。
引用:日本能力開発推進協会
\試験中もテキスト閲覧OK/
\まずは無料資料請求/

カクテルアナリストを取得するメリット

カクテルアナリストについて学ぶメリットは以下の通りです。

取得するメリット
  • プロもうなるお酒の知識が手に入る
  • カクテルのおしゃれなおもてなしができる
  • メニューを増やすことでワンランクアップしたお店に
  • バー運営のノウハウが身につく

資格取得後は知識を活かして自宅や教室でカクテルの講師として活動することも期待できます。

カクテルアナリスト資格試験の概要

受験資格協会指定の認定教育機関等が行う教育訓練において、その全カリキュラムを修了した者
受験料5,600円(税込)
試験日程カリキュラム修了後、随時、在宅にて受験
受験申請協会ホームページの『検定試験申込』から申し込み
合格基準得点率70%以上
合否発表答案受付後約1ヶ月で送付
履修内容(学習範囲)・酒場の歴史
・バーテンダーの基礎知識
・ワイン、ビール、ウィスキー、スピリッツについて
・リキュールについて
・バーの設備について
・カクテルの歴史と基礎知識
・カクテルレシピ

カクテルアナリストの難易度と受験資格を解説!テキストで独学できない?


スポンサーリンク

カクテルアナリストはキャリカレの資格取得講座の修了した方に受験資格があるため、独学では取得することはできません。

受験希望の方は必ずキャリカレ講座を受講してください。

カクテルアナリストの試験はキャリカレのテキストの中から出題されます。

試験中もテキストを見ながら解答することが許されているため、取得難易度はかなり易しい資格と言えます。

合格率も100%に限りなく近い数値だと予想できるので、勉強が苦手で「資格って難しそう…」と感じている方も安心してください。

もし不合格になっても再チャレンジできるし、標準学習期間を過ぎても最長700日間までサポートしてくれるので、仕事で忙しい方でも隙間時間を活用してマイペースに学習できます。

\試験中もテキスト閲覧OK/
\まずは無料資料請求/

カクテルアナリスト講座の学習内容

カクテルアナリスト講座の学習内容
キャリカレのカクテルアナリスト講座は知識ゼロの初心者の方でも無理なく学べる教材が評価されています。

カクテルアナリスト講座の学習内容
  • テキストでカクテルの基礎知識を学ぶ
  • わからないことは専任講師に質問して疑問を解消(何度でもOK)
  • 映像講義でカクテルの知識を深堀りする
  • 付属のカクテルレシピで実践してみる

どんな些細なことでも専任講師に何度でもメールで質問できるので、1人で悩む必要はありませんし、疑問を解消しながらスムーズに学習を続けることができます。

全カリキュラムが修了したらいよいよ資格試験本番にチャレンジです。

カクテルアナリストの良い口コミ


スポンサーリンク

キャリカレを受講してカクテルアナリストを取得した方の口コミをご紹介します。

良い口コミ
この講座を受講して良かったと思います。
普段飲んでいるアルコールに対する知識も増えました。
引用:キャリカレ
良い口コミ
登録から教材が届くのが早い。添削問題解答の返信が迅速。
卒業試験後の手続きの案内も早いかったので、スピーディーに勉強が出来、怠ける事がなく楽しく安心して出来た。
尚且つ、嬉しかったのが担当の方から直筆、丁寧な字で試験頑張ってくださいと、書かれていたのが感動しました。しっかりした会社です。
引用:キャリカレ

カクテルアナリストの悪い口コミ

悪い口コミ
絵がなく文ばかりで分かりにかった。
基本的なことは細かく書いてあったので勉強になった。
引用:キャリカレ

まとめ

カクテルアナリストまとめ
  • カクテルアナリストの受験はキャリカレ講座の受講が必須条件
  • 試験中はキャリカレテキストを見ながら解答できる
  • 難易度はかなり易しい
  • 合格率は100%に限りなく近いことが予想できる
\試験中もテキスト閲覧OK/
\まずは無料資料請求/


スポンサーリンク