戸隠森林植物園の野鳥

手が届きそうな距離でさえずる野鳥
散策を兼ねてバードウオッチング

国内でも有数の野鳥観察の名所「戸隠森林植物園」は戸隠神社の奥社参道から広がる71.41ヘクタールの自然公園。四季を通して、手が届きそうなほど近くでさえずる野鳥を観察できます。「八十二森のまなびや」の前にあるみどりが池の周りには水鳥、奥社の参道にいたる木道沿いには山鳥があふれ、園内で多くの野鳥を見られるのが魅力。園内を巡る木道が設けられ、随所に案内板もあることから、初めての人も散策を兼ねて、バードウオッチングを満喫できます。

中央入り口からみどりが池へ

戸隠森林植物園は戸隠で最大、日本でも有数のバードウォッチング・エリア。主要な入り口が2つあります。1つは「八十二森のまなびや」のある中央入口、もう一方は戸隠神社奥社の参道脇にある奥社入口です。中央入り口から「八十二森のまなびや」を抜けると中央広場。アオジ、クロツグミ、キビタキのさえずりが聞こえます。木の芽が開く前はコサメビタキ、ニュウナイスズメ、アカゲラなど。6月半ばになると、ひなを連れた姿も観察できます。コガモ、マガモ、オシドリ、ときにはアカショウビンのさえずりが聞こえることも。池尻ではノジコ、クロツグミのさえずりを楽しむことができます。
【目撃される主な野鳥】
アオジ、クロツグミ、キビタキ、コサメビタキ、ニュウナイスズメ、アカゲラ、コガモ、マガモ、オシドリ、アカショウビン、ノジコ、クロツグミ

みどりが池を抜けて小川の小径へ

みどりが池の周囲を通って林間の木道を進むと、小川の小径に。ハンノキとカラマツ林を歩くと、カラ類、センダイムシクイ、コサメビタキの声が聞こえてきます。湿地帯に降りると、キビタキやサンショウクイ、アカハラに混じって、台地側の林でコルリやクロジがさえずります。ウラジロモミの林では、キクイタダキやミソサザイが現れます。5月末にはカッコウのさえずりが聞こえます。タカの仲間ではノスリやツミ、秋になるとハチクマ、サシバなど。
【目撃される主な野鳥】
カラ類、センダイムシクイ、コサメビタキ、キビタキやサンショウクイ、アカハラ、コルリ、クロジ、キクイタダキ、ミソサザイ、カッコウ、ノスリ、ツミ、ハチクマ、サシバ

小川の小径から隋神門の周辺へ

小川の小径の先にあるモミノキ園地を過ぎると、戸隠神社奥社の随神門に着きます。随神門の周辺ではマミジロ、ツツドリ、コルリ、キバシリ、クロジが見られます。戸隠神社奥社に通じる杉並木では、ミソサザイ、オオルリ、オオアカゲラなど。春の芽吹きのころにはエゾムシクイやコマドリなどの声が聞こえてきます。
【目撃される主な野鳥】
マミジロ、ツツドリ、コルリ、キバシリ、クロジ、ミソサザイ、オオルリ、オオアカゲラ、エゾムシクイ、コマドリ

※紹介した野鳥は過去に確認されたものです。観察時に目撃することを保証するものではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://npo-togakushi.org/2016/03/25/%e6%88%b8%e9%9a%a0%e6%a3%ae%e6%9e%97%e6%a4%8d%e7%89%a9%e5%9c%92%e3%81%ae%e9%87%8e%e9%b3%a5-2/trackback/